社内ニートを脱出する方法とは?

社内ニートになるのを喜ぶ人もいますが、大体の人は社内ニートになりたくないと思うものでしょう。こんな時どうするのかというと、いくつかの方法があります。

ひとつは、自分から仕事を作り出すということでしょう。
例えば営業なら新規開拓をしたり、ということがありますね。もしあなたが積極的に工夫できる仕事をしているのなら、そのような工夫はどんどん取り入れていってください。
このようなことは、過去にはよく言われていたことでした。社内ニートを脱出するためには、自分から動いていくより他方法はないのです。

もうひとつは転職です。
実は社内ニートになる人の場合、積極的に仕事をするというよりはすでに社内での査定は最悪に近いので、社内ではどんなに頑張ってももう評価をしてもらえないことも出てくるでしょう。
そんな時におすすめなのが会社から脱出することで、暇な会社を抜けだして忙しい会社に行けば意外と仕事が多くて活躍できた、ということも珍しくありません。
もちろん仕事先が決まらなかったり転職活動に手間や時間がかかるというデメリットはありますが、実際にスキルが腐っていくのをただぼんやりと過ごすだけではなく、転職してしまうのも方法でしょう。

また、中にはちょっとした心がけで脱出できる場合もあります。
周囲に「何かできることはありますか?」と聞いて仕事を積極的に支援し、同時に積極的に仕事をこなすことです。この場合はどんな小さな適当な仕事でも熱意があればカバーできますし、何より大きな仕事のほうが人員も必要なので仕事の手も回ってきやすいというメリットがあるでしょう。
とはいえ、このような仕事はまだあなたが見限られていない段階やタイミング次第で起こることです。タイミング次第で社内ニートではなくなる可能性も出てきますし、そこから活躍できる可能性もあります。

中には悠々と出来て嬉しいという意見もあるようですが、大体は居心地が悪くなるようです。脱出するためにはコツがありますから、少しの心がけを大事にしましょう。

社内ニート状態でつらいときの対処法

社内ニートとなると、中には「自分がみじめでつらい」というように感じる人もいますね。
このように辛い時、どのような対処法があるのでしょうか。

一つは、とにかく開き直ることでしょう。
せっかく社内ニートという何もしなくても給料がもらえる立場になったのですから、別に考える必要はありません。開き直ってしっかりと働き、給料ももらっておきましょう。
中にはチクチク小言を言う人もいるかもしれませんが、そんな相手のストレスなど知ったことではありません。特に周囲が忙しいけど自分は仕事がなくて社内ニート、というのは居心地が悪いかもしれませんが、その時は別に開き直るのも方法です。

もう一つは、自己学習をすることでしょう。
資格取得に関しては、特に社内ニートなら暇が多いので学習することはたくさんあります。少しでも興味がある資格があるのなら書店に行ってテキストを購入して、仕事のために勉強していますというふりをして学習することです。
これは一つのことに没頭できるため周囲の目を気にすることがなくなるというメリットがあります。周囲も暇で自分も暇で社内ニート状態になってしまったのなら、その時は堂々と勉強できますね。
ただし配慮することとしては、もしかしたら将来的に使うかもしれないこと、今の仕事に関連する仕事を行うということです。今の仕事と関連している資格の勉強なら浮きにくいのです。

また、ちょくちょくトイレや見つかりにくいところでサボるのも方法でしょう。
サボるのは別に悪いことではありません。時に休むことも大事ですから、ちょくちょく休んで構いません。仕事がつらいふりをしてトイレや外の空気を吸ってくるのはリフレッシュにもなりますから、とても良いことなのですよ。外の空気を吸ったり少し休めば、つらい気持ちも和らぐかもしれませんよね。特に忙しくなくても、立って歩くのはリフレッシュ法の一つです。社内ニートなのですから、休んでも誰にも迷惑をかけないのも嬉しいところですね。

社内ニートになってしまったら退職すべき?

もし社内ニートになってしまったとして、すぐに頭に思い浮かぶのは退職することかもしれません。
でも、退職することに関してはケースバイケースです。

もし会社の景気が悪くやることがなく倒産しそう、ということで退職を考える場合、特徴的なのは周囲の人も暇そうにしていることでしょう。
このような会社の場合、できるだけ早く転職するか、もしくは倒産してからしばらく失業給付をもらいゆうゆうとしてから転職するという方法があります。倒産も時間の問題ということなら、なるだけ早く転職活動を行って収入とキャリアが切れないようにしてしまうのが一番の方法でしょう。

次に、あなたが何らかのトラブルを起こして社内ニートになったという場合、これはもう仕方ありません。実はあなたが仕事をしないほうがあなたが仕事をする以上に周囲にメリットがあるという厄介な状態です。
このようなときはスキルを磨いたり正確な仕事をするように心がけ、これからもし少しの仕事でも振られたのなら、その少しの仕事を丁寧に行いミスを出さないようにしましょう。やることがないというのも悪いことではありませんが、実際には周囲からすれ場いらいらすることも珍しくないのです。転職も方法かもしれませんが、実際にはやはり社内ニートになったらその後にどうするか、ということはよく考えなくてはなりませんね。

一方、もうすでに社内ニート専用の部署にいる、立派な窓際だというのなら、少し考えたほうがいい場合もあるでしょう。
転職というと簡単にできてしまうように思うかもしれませんが、年齢を重ねて仕事ができない上に窓際というのなら、転職してもあなたのスキルはそこまで高くないのだということを見ぬかれてしまい、採用されるのも難しくなります。
このため、まだ若いのなら転職や資格取得などをおすすめしますが、年齢が高いのなら仕事をしているふりをしながら、意地でもしがみついたほうがいい場合もあります。あるいはキャリアカウンセラーや転職コンサルタントと話をして、自分の収入や労働環境が良くなりそうなら転職し、悪くなりそう・仕事が見つからないのなら転職しないことをおすすめします。

社内ニートになりたい、方法は?

ネット上では余裕があり自由も多い社内ニートを見て「羨ましい」という意見も珍しくありません。社内ニートになりたい新入社員を描いたネット漫画が広くシェアされて非常に人気があるということから、社内ニートになりたい人も出てくるのです。
ただ、この社内ニートになるためにはどうすればいいのか、というと、いくつかの方法があります。

一つは歴史のある大企業に正社員で入ることでしょう。できれば、労働組合がしっかり機能している会社がいいですね。
実は歴史のある大企業の中には、このような社内ニートになってしまう人は数名います。管理側もある程度それを想定したうえで、専用の部署を作っているところもあります。このようなところは追い出し部屋と呼ばれるところもありますが、実際には自由に時間を使うことができる部署で、その部署に移動になってから労働者側がやめると言わないかぎりはクビにすることができません。このような部署は待遇も最低ですが、やはりそれなりの準備がなされています。
また、労働組合は労働問題が起きそうなときに環境を改善したり、勤務する人達を守る団体です。もしあなたが社内ニートになってしまったとしても、正社員で期間の定めのない雇用契約を結んだ後ならそう簡単にクビにすることはできません。労働組合がうるさい企業がおすすめです。

もう一つは無能になることでしょう。
社内ニートになる人の中には、無能な人がとても多いのです。これは仕事のスキルが不足している、コミュニケーション力が足りず何を考えているかわからないため不気味、大事な仕事を任せられないというように判断してもらうような人ですね。
このような無能な人は仕事を任されにくくなり、社内ニートになりやすいのです。仮にあなたに本当は能力があったとしても、こういう快適な立場になりたいのならその能力は隠したほうがいいのです。

最後に運です。
残念ですが、能力がありバリバリ働ける人でもなってしまう人はいます。勤務先の仕事量が少ないということで、社内で仕事にありつけないためにこうなってしまうのです。
このため、なるだけ暇そうなところに入社するのが方法でしょう。

社内ニートでうつ病の症状が出てしまったら

社内ニートになると、とたんに自己否定を始める人もいます。確かに社内ニートになる原因のいくつかは自分が原因を作っていることもありますが、その一方でうつ病のような症状が出てきたのなら、いろいろなことを考える切っ掛けになるのかもしれませんよ。
とはいえ、あまり重く考える必要はありません。調子が悪いのならただ、その前に内科に行って「よる眠れない」とか「胃が痛い」というように症状を訴え、診察してもらうのが先です。これは精神的な病気以前に肉体的な問題が出てくる可能性も踏まえたうえでのものです。先に内科などの症状に適した科に行きましょう。
また、しっかり食べてしっかり休むことも大事です。空腹と睡眠不足は人の思考回路を悪くする敵なので、そのような問題がないかどうかも確認しましょう。
そこでも病気らしい病気や日常生活で配慮することが見つからず、薬を服用したり治療をしてもダメなのなら、そのことを踏まえたうえで心療内科や精神科にかかるようにします。この時、症状をしっかり聞いてもらったり、いろいろなカウセリングなども受けるのが方法です。
とはいえ、もしうつ病になっていたらその時には退職ではなく休職しましょう。実はうつ病になったら退職や結婚・離婚などの人生での大きな決断早めたほうがいいという意見がありますので、退職するのは良くありません。退職ではなく体を休めておくように考えたいものです。
ついでに社内ニートになったことを喜ぶ人がいることも忘れないで下さい。働きたくないという気持ちがある人は珍しくなく、中には社内ニートになったことを喜ぶ人もいるのですから、中には羨ましがられている人もいます。
ちなみに外的な要因や自分には問題がなく仕事がなくなっていったのなら、あなたの責任は大きくないでしょう。しっかり働いてしっかり仕事を続けることができなくても、収入があって安定した生活が送れることはとても良いことなのですから、誇りに思うようにしたいものですね。

社内ニートの一日

一日中社内ニートをしているという人の場合、どういう一日を過ごしているのでしょうか。ちょっと見てみましょう。

まず、朝は定時に来ます。定時ギリギリに来るのは、別にそれでも構わないと考えているためです。実際にはやる仕事などないのですから早く来る必要などなく、かといって定時を過ぎてから来ると今度は悪目立ちするので考えてしまうのです。実際には5分前などというように言うことはなく、定時に間に合えばいいじゃん、くらいに思っている人もいます。

次に、社内メールやスケジュールなどをチェックします。社内ニートなので何もないと思うかもしれませんが、実は何もないと思って上も必要な社内イベントなどの連絡をしていません。このため、社内ニートになったからには積極的に連絡を受け取りに行く必要があります。大体の日は何もありませんが、一日の始まりにこのようなメールチェックやスケジュールチェックを行っている人は多いのです。

そして、周囲が仕事に集中するような時間になると、ますます何もしません。あえて言うならネットをしたりSNSでいろいろな人を見たりという程度で、つぶやきや書き込みなども行います。ただし中にはネットができない環境の人もいて、これはフィルタリングに引っかかるためです。このため、中にはあえて退社後にはネットをせず、平日昼間の勤務時間内に調べ物や書き込みをするという社内ニートもいます。

昼休みや休憩も取ります。仕事をしていなくても椅子に座っている状態というのは疲れますし、生きているのでトイレにも行きます。中には机を離れる時間があるのは嬉しい、という意見もあるようですね。

向上心のある人なら資格のための勉強などをしますが、すべての人がそうではありません。また、仮に途中で仕事の依頼でも来ようものならダラダラと仕事を終らせるということも珍しくないのです。中には仕事の能力が足りないため、あるいは丁寧さが足りなくて時に叱られたりすることもあるでしょう。
基本的にこのよう流れで一日が終わります。

社内ニートは給料泥棒?

社内ニートは、社内失業の状態を指します。景気後退により、会社には出社するけれども、仕事らしい仕事も無く、なんとなく業務時間中を過ごしている人のことを、社内ニートと呼びます。昔の言葉で言えば、給料泥棒ともいいます。

仕事があって、雇用されるのですが、正社員の場合は、簡単に雇用契約を解除することはできないので、仕事が無い状態でも、社員を社内にほったらかしにして、社内ニートの状態にする経営者も珍しくはありません。社内ニートで社内失業の状態でも、正社員雇用ですから給料は支払われます。経営者から見れば給料泥棒なのですが、雇用者には雇った責任がありますから、給料を払わなくてはいけません。給料を払わないと営業停止になるからです。

社内ニートのなかには、2通リの人間がいます。一つは、何もしないで給料がもらえるからいいやという人間と、何もしないことに焦る人間です。どちらも同じ社内ニートなのですが、精神的なものが違ってきます。真面目な人間は、何もしないことに焦りを感じ、うつ病になってしまいがちです。逆に、不真面目な人間は、お金がもらえればいいやと割り切りますので、精神疾患になったりしないという、皮肉な結果になってしまいます。社内ニートを改善するには、営業状態を改善するかリストラするしかありません。

どちらにしても、抜本的な経営改善をしないと、社内ニートが発生している状態の改善は難しいものです。経営者としても、社員を遊ばせておいて、お金なんて払いたくないのが本音です。会社の方向性や扱う商材を変えてでも、会社に売上を発生させようという、追い詰められた感覚を、社長以下全員が意識しないと、会社全体がニートになり、ただ、借金に頼って生きていく会社になっていってしまいます。行き着く先は、社長が借金まみれになり、社員を養うという、最悪の結果に行き着くのです。そうなる前に、会社の事業目的を変更しても、お金を稼ぐという感覚を、社長以下全員が持つことが必要です。

社内ニートの過ごし方

会社の中で自由に過ごせるという意味では、社内ニートは羨ましい存在かもしれません。ですが、社内ニートという立場になると、意外と辛いようです。

まず、朝来てもやることがないため、席に座ってパソコンを立ち上げます。ただしこの時にはメールチェックやタスクリストを確認します。というと普通の社員のように思いますが、もちろんメールなんて来ませんしタスクリストも真っ白です。

次に行うのが社外に出る口実を作ることです。営業などなら、外に出て好きな様に過ごす人もいます。とはいえ営業で社内ニートというとそう数は多くありませんから、大体の人間は社内にいます。
そしてよくやることの一つがインターネットです。本来就業中にプライベートのインターネットは良くありませんが、過ごし方としてはこれも多いのです。だいたい気になることややりたいこと、その日のニュースや天気などをチェックします。別にチェックして何かあるというわけではありませんが、チェックして過ごします。個人のことなので個人の興味の赴くままにいろいろ見ていきます。セキュリティに引っかかることもまれにあるようですね。

また、よくある過ごし方としては自己学習もあるでしょう。自己学習に関しては、例えば事務ならワードやエクセルのスキルを磨くため教本を買ってひとつひとつやっていくというのが主流です。技術職で暇ができたのならその時間にやりたかった技術を触りだけ触れてみてどうなるか、ということもやるようですね。

最後に掃除です。特に目立たないようなところを掃除したり、時間をつぶすということも珍しくありません。この過ごし方は特に一般職や暇な人が多いでしょう。念入りにして、意外と簡単に綺麗にしてしまうようですね。

こういうと社内ニートは優雅に過ごすようなイメージが有るかもしれませんが、実際こうやって過ごしている間はとても辛いようです。特に周囲はしっかり仕事をこなしているのにもかかわらず対して行うことがないというのは辛いため、このようにして仕事をしているふりをする人もいます。

社内ニートにならないための対策

社内ニートとは、会社で勤務していても対して働くことがなく、一日中暇になっているという人です。中には周囲も仕事が暇という人もいれば、本人のスキルが足りないために起こる場合もあります。
では、そんな社内ニートにならないようにするのにはどういう方法があるのでしょうか。

ひとつはスキルを磨くことです。
どういう仕事にもスキルは必要になります。いらない人材だと思われるようになる前に自己学習を行って、普段の仕事についていけるようにしておきましょう。特に技術力はこの傾向が顕著で、一度スキル不足だと判断されれば仕事を振られることが少なくなり、プロジェクトの運営などに関わることができない場合も出てきます。
対策としては基本的なところです。必ず行っておきましょう。

もう一つは社内の雰囲気に敏感になり、積極的に交流しておくことでしょう。
実は社内ニートになる人の中にはあまり周囲とうまく交流できない人もいます。このような人の場合、周囲の人は「あの人は何を考えているかわからない」となり、仕事を振らなかったり自分のチームに入れないという傾向が出てくるのです。こうなるとチームに入らず周囲とのコミュニケーションも取れなくなるため、最終的に社内ニートになり退職を余儀なくされることもあるでしょう。
対策としては、周囲の人と交流をしておきましょう。ただし仕事の上なので、そこまで馴れ馴れしくする必要はありません。

最後に、これは入社前の対策ですが、仕事の忙しさについては面接の時点で聞いておきましょう。
面接の時点では「勤務中の雰囲気はどんなものでしょうか」というように聞き、その時に「みんなバリバリ働いています」とか「みんなやりがいを持って働いています」などというように聞ければ、なおいいかもしれません。
逆に良くないのが「まったり過ごしています」とか「仕事は余裕を持って行っています」というようなものです。これは余裕を持って働けるかもしれませんが、一方で仕事量が少ないということにもつながりかねません。こうなると社内ニートになる確率はより高くなります。